【セフレ歴代50人が語る】飽きるセフレと飽きないセフレの違いとは?

2020年5月28日

この記事では、

Left Caption
  • セフレに飽きられたくない!
  • 飽きられるセフレと飽きないセフレの違いが知りたい!
  • セフレに飽きられないためにはどうしたらいいのか知りたい!

という疑問に答えました。

本記事は、セフレ歴7年以上で今まで50人以上のセフレを作ってきている著者(椎名優)の実際の経験に基づいてお話していきます。

これまで何人もセフレを作ってくる中で、関係が長続きする人としない人には一定の共通点があることがわかりました。

つまり数回セックスしただけで魅力的に感じなくなる人と、何回セックスしてもまだまだしたいと感じさせる人には明確な違いがあるということです。

今回は男性目線から飽きるセフレと飽きないセフレの違いをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください!

【セフレ歴代50人が語る】飽きるセフレと飽きないセフレの違いとは?

舗装のクマのぬいぐるみの写真

それでは早速、飽きるセフレと飽きないセフレの違いをお話していきます。

セフレに対して飽きるかどうかの違いは、セックスの内容と二人の関係の2つで決まります。

簡単に言うと

CHECK
  • セックスが楽しい人は飽きない
  • 気持ちが充実する人は飽きない

ということです。

この内どちらか1つでも満たせていればセフレに対して飽きることは少ないです。

ですが、このどちらも満たせていないセフレは高確率で飽きます。

Left Caption
私も1,2回セックスして、このどちらも満たせていないとわかったセフレとは長続きしたことはありません。

これよりさらに詳しく説明していきます。

飽きるセフレと飽きないセフレの違い:セックスが楽しい

ベッドで一緒に寄り添う男女。

飽きるセフレと飽きないセフレの違いに、「セックスが楽しいかどうか」ということがあります。

男性はどんな女性とセックスしても楽しめるかというと、全くそんなことはありません。

男性目線でもセックスが楽しくて仕方ない人と、全然楽しくない人が存在します。

女性目線では顕著にそれが感じられるかと思いますが、男性も同じです。

セックスが楽しいセフレとは飽きることなく関係が続いていきます。

より具体的にお話します。

セックスが楽しくないセフレは以下の特徴があります。

  • セックスが単調
  • セックスに向上心が無い
  • セックスが受け身
  • 感じにくい

心当たりがある方、安心してください。

次で対策をお話していきます。

セックスを楽しくするためにはどうすべきか

ではセックスを楽しいと思ってもらうためにはどうするべきなのかについてお話していきます。

セックスを楽しいと思ってもらうためには、以下のことを試してみるべきです。

  • セックスを上手くなる
  • 男性が好みそうなプレイを試す
  • 受け身ではなく自分から男性に奉仕する
  • 感じやすい身体になる(演技する)

1つずつ詳しく解説します。

セックスを上手くなる

まず1つ目はシンプルに「セックスを上手くなる」ことです。

セックスが上手いとはどういうことでしょうか。

セックスが上手い = 男性を気持ちよくすることができる

ということです。

セックスは基本的に

キス → 前戯 → 挿入 → 後戯

という流れで進むと思いますが、その全てで男性を魅了することが重要です。

ですが、やはり特に大事なことは

  • キス
  • フェラ
  • 騎乗位

の3つです。

この3つは女性が男性を主体的に気持ちよくしてあげられる場面ですので、セックスが上手いと思ってもらうためには不可欠です。

まずキスです。

キスに重要なことは

  • 接地面積をできるだけ多くすること
  • 唾液の量を適度に多くすること

です。

キスの最中、舌を相手の舌に絡ませる時は、なるべく触れ合う面積が多くなるように相手の舌に絡みつかせましょう。

かつ、その時に唾液が少ないと気持ちよさは半減してしまいますので、唾液を多く、べちょべちょのねちょねちょでエロティックにねっとりキスをしてみましょう。

次にフェラですが、フェラもキスと基本的には同じです。

  • 接地面積をできるだけ多くすること
  • 唾液の量をできるだけ多くすること
  • 手も同時に使って休みなく刺激すること
  • 一定の早さで刺激すること

が重要です。

フェラもキスと同じく、接地面積を多くして唾液の量も多くすることが重要です。

ただ、キスの時は唾液が多すぎると少し気になってしまう人もいますが、フェラは唾液が多ければ多いほど良いです。

唾液を大量に出してべちょべちょにしてフェラするようにしましょう。

またフェラは口だけですると思い込んでいる人がいますが、手も同時に使うことが重要です。

重要なことは常にちんちんをこすって刺激してあげることです。

休みを作らず常に口か手のどっちかでは刺激している状態にしておきましょう。

フェラをして疲れたら手コキをするというパターンが良いと思います。

最後に、フェラには一定の早さが求められます。

たまにゆっくり丁寧にフェラをしてくれる人がいますが、それではイかせることができません。

ゆっくりでも気持ち良いのですが、それ以上を目指すならば一定以上の早さでフェラ&手コキすることが大事です。

具体的にどれくらいの早さが良いかは文字では伝えづらいので、アダルトビデオを見て勉強するか相手のセフレに聞いてみても良いと思います。

騎乗位についても、女性が男性を魅了できる重要な場面です。

騎乗位で重要なこと

  • うねるような腰使い
  • 前後の動きと上下の動き
  • 一定の速さ

です。

まずうねるような腰使いについてですが、騎乗位が上手い人は股関節を柔らかく動かすことができます。

うねるように動かしたほうが、膣の中でちんちんがこすれるので男性をより気持ちよくさせることができます。

また、騎乗位には前後の動きと上下の動きがあります。

それをうまく使い分けることで、男性に違った刺激を与えることができます。

また、フェラと同じく騎乗位でも一定のスピードが重要です。

自分でも早すぎるかもと思うくらいがちょうど良いですので、早くすることを意識してみてください。

男性が好みそうなプレイを試す

2つ目は「男性が好みそうなプレイを試す」です。

男性はみんなエロいことが大好きです。

ですので、色々なプレイを試すことで男性を楽しませることができます。

例えば

  • 色々な体位を試す
  • コスプレをしてセックスする
  • 色々なホテルでセックスする
  • 野外プレイをする
  • ハプニングバーにいく

などなどです。

男性から言ってきた時は、多少恥ずかしかったりしても頑張ってOKしてみると男性は喜びます。

また、男性から言ってこない場合でも内心やりたがっている場合もあるので、提案してみても良いでしょう。

受け身ではなく自分から男性に奉仕する

3つ目は「受け身にならずに自分から男性に奉仕する」ことです。

経験の少ない女性にありがちなのが、

  • セックスは男性が女性を攻めるもの
  • セックスは女性は何もしなくて良い

と思っていることです。

経験の少ない普通の男性はそれで良いかもしれませんが、セフレを作るような経験豊富な男性はそれでは楽しむことができません。

自分から相手の乳首や局部など、積極的に攻めていく意識を持ちましょう。

男性のタイプによっては

  • ずっと攻めたい男性
  • ターン制の男性(先に自分がせめて次に相手に攻めてもらいたい)
  • 攻めてもらいたい男性

など様々ですので、それを見極めて相手にあった攻め方をすることが重要です。

ですが女性が攻めて嫌がられることはほとんどありませんので、とりあえず受けてばっかりじゃなくて私も攻めて男性を気持ちよくさせよう!とご理解ください。

感じやすい身体になる(演技する)

最後は「感じやすい身体になる(演技する)」です。

男性は女性が感じている姿を見て興奮します。

ですので、感じない女性よりも感じやすい女性の方が楽しむことができます。

男性が愛撫をしてくれている時や挿入されている時に、より感じることができるように、下記のことを試しましょう。

  • 感じやすい身体になるように開発する
  • 演技をする

女性が感じるかどうかは変えていくことができます。

その方法は頻繁に性感帯を刺激しているかどうかです。

性感帯の神経は刺激すればするほど敏感になっていくので、頻繁に刺激してより気持ちよくなるように開発しましょう。

具体的には、毎日オナニーしたり、セックス前に性感帯を刺激しておくとセックスの時により感じることができるようになります。

また、元々感じにくい人や開発しても感じやすくなれない人は、感じている演技をしましょう。

男性は女性が演技しているかどうか、意外とわからないものです。

本心ではそこまで気持ちよくなくても、気持ちよくて仕方がないような演技をして男性の興奮を誘いましょう。

飽きるセフレと飽きないセフレの違い:気持ちが充実する

ベッドで一緒に寄り添う男女。

飽きるセフレと飽きないセフレの違いの2つ目に「気持ちが充実するかどうか」ということがあります。

そのセフレと一緒にいる時間やセックスをしている時間で、心が満たされたり精神的に癒やされると男性はそのセフレに飽きることはありません。

会うことで快楽を得る以上に、心の支えになれるためです。

日々仕事を頑張って荒んでいる心あなたが癒やすことができれば、決して飽きられることはありません。

では一緒にいても気持ちが充実しないセフレとはどんなセフレでしょうか。
以下のとおりです。

  • そもそも情報が少ない
  • 好意が感じられない
  • 好意が感じられない
  • 心が通じ合ってる感が無い

などです。

そうならないために対策をお話していきます。

セフレの気持ちを充実させるためにはどうすべきか

ではセフレの気持ちを充実させるためにはどうするべきなのかについてお話していきます。

そのためには、以下のことを試してみるべきです。

  • お互いのことを知れるように話をする
  • 相手を思いやる
  • 相手に感謝する
  • 人として好きな人をセフレにする

です。

1つずつ詳しく解説します。

お互いのことを知れるように話をする

まず1つ目は「お互いのことを知れるように話をする」です。

やはり何も知らない人と一緒にいたりセックスをしても気持ちは充実しません。

お互いのことを知っており、お互いに必要としている関係だと思っているからこそ、気持ちが充実するのです。

お互いのこれまでの人生や好きなことなど、色々な話をしてお互いのことを知れるようにしましょう。

Left Caption
相手のことをそもそも知りたいと思わない

と思う人は、その人はベストなセフレではないかもしれません。

セフレはお互いに好意を持ち感謝とともに成り立つべき関係です。

無理に知ろうとするのではなく、自然に知りたいと思うような人が理想のセフレでしょう。

相手を思いやる

2つ目は「相手を思いやる」です。

セフレ相手であっても、思いやりの無い人相手には気持ちは充実しません。

自分のことを思いやってくれたり、気にかけてくれたり、大切にしてくれる人と一緒にいれば気持ちは充実します。

ですが、これも無理に相手を思いやろうとするのではなく、自然と思いやれる関係がベストです。

相手を思いやる気持ちがあるなら、それを態度に出すことを意識しましょう。

相手に感謝する

3つ目は「相手に感謝する」です。

セフレに限ったことではありませんが、感謝の気持ちを相手から伝えられると気持ちが充実します

ですので、お互いに感謝しあっている関係のセフレは長続きします。

自分に時間を割いてくれて楽しませてくれているという事に感謝の気持ちを持ちましょう。

そして、その気持ちがあるなら相手にそれを伝えることが大切です。

セフレ関係であっても人と人との繋がりです。

むしろ仕事なんかよりも心のつながりが重要な関係かもしれません。

相手への感謝を忘れることなく伝えてみましょう。

人として好きな人をセフレにする

最後は「人として好きな人をセフレにする」です。

セックス抜きで例えば普通の友達だったとしても、相手のことを人として好きだと思えるような人をセフレにしましょう。

人として好きな人をセフレにすることで、これまでにお話した上記3つもスムーズに行うことができます。

人として嫌いだけどセックスだけでつながっているような関係は破綻します。

相手に対して抱いている思いは相手に伝わります。

嫌いだと思っている場合、結果的に飽きられてしまいます。

セフレだからイケメンなら良いというわけではなく、人として好きな人を選ぶようにしましょう。

今回の記事をまとめると、飽きるセフレと飽きないセフレは明確な違いがあり、

それは

  • セックスが楽しいかどうか
  • 気持ちが充実するかどうか

ということでした。

自分に足りてないことに心当たりがある方は、ぜひ今回の記事を参考にして、セフレに飽きられないようにしましょう。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!





本記事の中で

Left Caption
  • ちょっとやり方がわからない
  • もっと詳しく教えて欲しい
などあれば、LINEお友達登録からいつでもご質問お待ちしてます!

2020年5月28日

Posted by 椎名優